• ホーム
  • アジーならジスロマックと同じ成分で値段を安く済ませることができる

アジーならジスロマックと同じ成分で値段を安く済ませることができる

悩んでいる男性

ジェネリック医薬品の最大のメリットは薬価が非常に抑えられているという点です。同じ日本にある製薬メーカーが製造したジスロマックとジェネリック医薬品のアジスロマイシンを比較した場合、ジェネリック医薬品が正規品の半額の値段だった、ということも少なくないのです。薬局で正規品の処方を受けるよりも、ジェネリック医薬品の処方を希望すれば治療薬の代金は半額で済む、ということでしょう。

特に、アジーを製造しているシプラ社は発展途上国をターゲットにジェネリック医薬品を配る、などの社会貢献を行っている企業でもあります。またそういった地域の住民にも買いやすい価格設定を実現しているというだけあって、そのコストパフォーマンスの良さに関して言えばトップレベルであると言えるでしょう。大きなロットで注文するとその分安く入手することが出来ることも知っておくべきです。

アジーには様々なサイズの錠剤が登場しています。アジスロマイシンを投与する場合、日本で推奨されているクラミジア感染症治療では1回1,000mgの投与が原則ですが、正規品では250mg錠しか販売されていません。推奨量を服用するためには4錠を一度に服用しなくてはなりません。その点、アジーは250mg、500mgや1,000mg錠が登場しているため、飲みやすいサイズの錠剤を選んで飲むことが出来ます。飲みやすさは続けやすさにも密接に関わるポイントですので、決して無視できないところです。

ただし、アジーは国外メーカーが製造したクラミジア感染症治療薬です。国内で入手するのではなく通信販売などを利用して薬剤を手に入れる場合には国民健康保険の適応にならないことはもちろん、薬の値段以外のコストも必要であることも知らなくてはなりません。送料や手数料などのコストについて勘案した場合でも、それでもお得と言えるような手段でアジーを手にすることが出来るといいですね。パートナーの分も含めて多数のロットを購入するのがコストパフォーマンスがより良くなるポイントです。

処方されない性感染症治療薬はもちろん自己判断で始めるものですが、自己判断で中断してしまうのも問題です。元々症状に乏しいクラミジア感染症などの治療では症状が無くなったから、と治療を止めてしまってはクラミジアを完全に殺菌したかどうかが不明なまま治療を打ち切ることになります。一般的には自覚的な症状が無くなっても推奨量を服用するべきとされています。