• ホーム
  • クラミジアは自宅で検査キットを使用する方法で診断できる

クラミジアは自宅で検査キットを使用する方法で診断できる

クラミジア感染症にかかっているかどうか、という方法の判定は様々な方法があります。最も信頼できるのは検査のプロである技師によって病院でチェックをして貰うことですが、思うように時間が取れないなどの悩みがある方では自宅で検査を行うことも考えるべきでしょう。特にクラミジア感染症は自覚症状に乏しく、結果を見て驚くことが無いとも言えません。念のため、でも調べておくことが特に重要なのです。

自宅で出来るクラミジア感染症検査は専用のキットを取り寄せることから始めます。検査機関からキットを取り寄せることになりますが、インターネットで注文することで数日で手元に届きます。男性であれば血液と尿、女性であれば加えておりものをもとに感染の有無について検索することが出来ます。検体を取るのにはそれほど時間はかからず、寝る前のわずかな時間や何かの合間に簡単に出来る検査です。

検体を採取したら、キットを検査機関に送ることになります。宅配便や郵便配達などが利用できますがこの際、匿名化されるため個人情報が誰かに伝わることはありません。恥ずかしがることなく、送ることが出来るでしょう。パートナーとセットで送ることが出来るキットもありますので、ふたりの安全を確かめるためにも実施するべきかもしれません。

このキットはクラミジア感染症だけでなく、淋菌やB型肝炎、トリコモナスやHIVなどの項目も包括的に調べることが出来るキットも存在しています。1回あたり1万円前後であり、この値段で自分とパートナーとの安心が一週間後くらいには届くので、余裕があれば実施するべきでしょう。検査の必要性について相談を受け付けてくれるコールセンターが併設されている機関もありますので、まずは電話相談から始めてみてはいかがでしょう。

注意点は、感染症について不安に思うがあってすぐの場合は検査結果が正しく現れない可能性があるという点です。クラミジアに対する身体の反応を見ているに過ぎませんので、この反応が起きるまでの期間では上手く結果が出せないのです。この期間は幅がありますが、1週間以上とも4週間程度とも言われています。例え結果が陰性であっても、この反応しない期間であった、という可能性を捨てずに感染を完全に否定しないことも時に必要なのです。

他にも保健所で無料で性感染症について調べられるため、本当に感染を疑うのであれば保健所を利用するべきでしょう。そのための時間が無い人のために、簡易検査キットがあるのですから。