• ホーム
  • 細菌が原因の性感染症クラミジアでは症状が出ないことも多い?

細菌が原因の性感染症クラミジアでは症状が出ないことも多い?

カプセルを持っている男性

性器クラミジア感染症の原因はクラミジアという寄生虫です。クラミジア・トラコマティスという特有の種が原因であり、症状が非常に軽いことが特徴です。男性は無症状で経過することも多く、女性も多くは子宮の軽微な炎症で済んでしまうので、痛みを感じることは珍しく微熱、下腹部の重い感じ、月経過多などの症状に留まります。

クラミジアは細菌ではありませんが、細菌に近い種別の生物ですので正しい手順で抗菌薬による治療を行えば症状を軽快させることも出来ます。にもかかわらず、患者数が増加している最大の理由は、自覚症状がほとんどなく、そのために症状を軽視して病院にかからないからでしょう。女性は子宮や卵巣などの生殖器全般に炎症を来たす骨盤腹膜炎という重い病態になると激しい腹痛を訴えますが男性が重症化することは珍しく、パートナーの片方が未治療だと結局は病原体クラミジアを根絶できません。パートナーと共に検査や治療にあたる、という取り組みが重要です。

この感染症の本当に怖いところは、無症状で経過することも少なくないにもかかわらず、不妊の原因になることも少なくはない点です。子宮のうち卵管という細く、受精した卵子が通過する大切な部位に炎症を引き起こすことが多いのがクラミジア感染症の特徴です。キズついた皮膚がカサブタになって引き攣れるように、炎症が起こった卵管も壁どうしがくっついたり、壁が引き攣れることでただで狭い内腔がさらに通りづらくなります。

受精卵は卵管を通過して子宮腔内に達して着床して初めて赤ちゃんとなりますが、クラミジア感染症のために卵管炎を起こすと上手く子宮内に辿り着けない卵子が現れるようになります。これがクラミジア感染症のために生じる不妊のメカニズムのひとつです。しかも、卵管に受精卵が定着するとそこで大きくなろうとして、細い卵管を押し広げながら赤ちゃんになろうとするので卵管は風船のようになります。このために酷い腹痛と不正性器出血を来たすのが、子宮外妊娠です。子宮外妊娠は急な腹痛で発症して、病院に運ばれ緊急手術になるような大変な疾患です。

性器クラミジア感染症が症状が少ないからといって、軽く見て良い疾患では無いことが分かるでしょう。しかし、早く治療を始めれば始めるほど、子宮や卵管への影響は最小限で済みます。放置によって病状を進行させてしまうのが最も悪いのです。将来的に不妊で困らないためにも、特に今増えていると言われ注意が呼びかけられているこの性感染症について知識を深め、対策を立てましょう。